シアリスの秘められし力

シアリスとジェネリックの違い。それは価格も去ることながら形状、添加物に至るまで実に些細な点にも違いが見られます。

シアリスとジェネリックの違い

シアリスとジェネリックの違い

金額の違いについて

シアリスは、世界的に非常に人気の高いED治療薬です。そんなシアリスには何種類ものジェネリック医薬品があります。どれもシアリスの有効成分タダラフィルが配合されている点は同一です。そのため持続時間が長く、食事やアルコール類の影響も受けにくいことなどの効果も同一であるため、より低価格のジェネリック医薬品を入手したくなることになるでしょう。

シアリスと同様にさまざまな通販サイトは、個人輸入代行として、いかに低価格で提供できるかが過熱しています。新薬のシアリスは、1箱に4錠・20mgの定価8,000円ですので、1錠あたりの単価は2,000円となっています。病院などの専門クリニックで処方される場合には診察料とは別に薬代として定価くらい費用は必要になります。各通販サイトではシアリスの販売価格は、平均で1,600円前後が相場です。通販サイトならではのサービスとして、まとめ買いを使用すると1錠あたり1,500円前後となり30%くらい安く購入する事ができます。

では、シアリスのジェネリック医薬品の価格はどうでしょうか?シアリスのジェネリック医薬品として、有名なタダリフトタダライズ、メガリス、タダリスなどがありますが、平均1錠あたり500円~600円前後と大変安くなっています。どのジェネリック医薬品もシアリスと同じ効果効能があり、副作用はかなり少ないので、お勧めです。しかし個人差により多少効果が出なかったりなどもあります。

形状も違い、飲みやすさにも配慮

形状も違い、飲みやすさにも配慮

ジェネリック医薬品は、価格だけでなくより服用者が飲みやすいように工夫されています。例えば経口服用する場合には、その錠剤のサイズが大きいと飲み込むづらいため錠剤のサイズを小さくする。薬を水やぬるま湯などなくても飲めるように口に入ったときにすぐに溶けるような形状に改良。錠剤やカプセル錠の薬には、苦さなどを感じないように周りをコーティングしたり、飲む薬を間違えないように成分や薬の名前などが印刷されていたりする。そういった些細なことですが小さな子供から高齢者などでも飲みやすいようにあらゆる手段を駆使しています。

Return Top