シアリスの秘められし力

インドは他国とは違う法律のため、合法的にジェネリックを製造・販売できる国です。数多くの治療薬が非常に安価で購入できます。

インド製ジェネリックが人気の理由

インド製ジェネリックが人気の理由

他国とは違うインドの特許事情

2014年に日本でもED治療薬で有名なバイアグラの特許期間が切れ、国内産のバイアグラのジェネリック医薬品が販売となりました。ですがそれ以前よりインドでは特許期限が切れる前からバイアグラのジェネリック医薬品が合法的に大量に低価格で製造・販売されていました。インドの特許に対する考え方が各国の医薬品への考え方とは全く異なるので、このような状況になり現在でもインドにとってジェネリック医薬品の製造は、インドを支える巨大産業へと成長し続けています。

ある市場調査では、インド製薬業界で精力剤および若返り薬の分類の売上高は、2015年第1四半期だけで約84億円以上と言われ、同時期に世界で第1位の売上高をほこるアメリカのファイザー製薬が世界各国で販売されたバイアグラの売上の約20%を占める割合となる金額を叩き出すほど人気があります。

質も高く、安価のためとても人気のあるインド製ジェネリック

質も高く、安価のためとても人気のあるインド製ジェネリック

インドのED治療薬は正規品の数十分の1というくらいの低価格で提供されていますが、約40%以上の利益に繋がるとも言われており、莫大な利益率を出しています。もともとインドでは医薬品における成分特許を認めていないので、一般的には、医薬品の特許には、製法特許と成分特許の2つの特許がありますが、インドでは製法特許のみを認めています。

インドでは同一の有効成分の医薬品でも、違う製法で製造されていれば全くの別の医薬品として取扱い、インドではシアリスの有効成分タダラフィルを製造元とは少し製法を変えて製造しています。そしてかなりの低価格で大量に販売する手法を取っています。インド製のジェネリック医薬品はどちらかというとコピー医薬品と呼んだ方がいいかもしれません。

インドのジェネリック医薬品の販売手法は、他の特許が完備されている国々では特許侵害に該当します。そのため、インド国内で処方されるかもしくは個人輸入という名目でその当事者が個人の使用のために輸入することで入手することができます。個人で使うことは法に触れませんので、個人輸入の1つになる通販サイトを使えば簡単に購入が出来ます。ファイザー製薬が販売するタダリフト、シアリスジェネリックの定番であるタダライズなど種類も豊富です。

Return Top